新型Atomプロセッサ「Oak Trail」「Oak Trail」

新型Atomプロセッサ「Oak Trail」「Oak Trail」

Atomといいますと、UMPCをはじめ数々のネットブック向けのCPUとして採用されてきましたが、
ネットブック自体が下火になるのと同時に存在感が薄れた感のあるIntelのAtomプロセッサが、飛躍的にパワーアップして帰ってきました。

Gigazineの記事によると
http://gigazine.net/news/20110412_intel_atom_oak_trail_z670/

「Oak Trail」というコードネームで開発された新型Atomプロセッサを出荷されました。

「Oak Trail」のコードネームで開発された新型プロセッサ「Atom Z670」はGoogleのAndroidやMeeGo、Windowsなど、さまざまなOSで動作することを可能にしたモデルで、従来のAtomプロセッサでは困難だった1080pのフルHD動画再生をサポートしたほか、FlashコンテンツやHDMIへの対応も実現。


これが「Atom Z670」です。プロセッサダイ上にメモリコントローラーを直接載せ、さらにグラフィック機能を内蔵した上に、プロセッサ自体を従来モデルの60%省スペース化に成功したため、タブレット端末などの小型化や薄型化に貢献したほか、Intelの省電力機能「SpeedStep」を採用することで消費電力を抑えています。

また、「Z670」は「Intel SM35 Express Chipset」や「Intel High-Definition Audio」を採用することで、USB2.0を利用した従来よりもさらに高速なデータ転送や高音質なサウンドを利用できるとされており、同CPUを採用した35機種以上のタブレット端末が富士通やLenovo、Evolve III、Motion Computing、Razer、Vilivといったメーカー各社から5月以降に続々とリリースされる予定。


画像は「Atom Z670」搭載のタブレットPC+キーボードのASUSの「EeePad Slider」
asus-eeepad_slider_front_m.jpg(Gigazineより)

AtomZ550などでは困難だった1080pのフルHD動画再生のサポートは大きいですよね。

さらに2011年の後半には、「Cedar Trail」というコードネームで開発中の32nmプロセスを
採用した次世代Atomプロセッサのリリースが予定されています。

1080pのフルHDのHDMI出力に加えてBlu-ray 2.0のサポート、ディスプレイを追加するためのメディアエンジン、ワイヤレス音楽再生などの機能が追加されるのに加えて、さらなる長時間駆動やファンレス動作が可能になるとのこと。


最近は下火になっている、UMPC(ウルトラモバイルPC)やネットブックのさらなるパワーアップが期待できそうです。

そうなると、動画再生の弱さなどCPU以外では魅力的だったVAIO Xなどの後継機が発表されるかもしれないですね。


[ノートパソコン] ブログ村キーワード

スポンサード リンク
スポンサード リンク
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング
  • seo

seo great banner
:umpc くる天 人気ブログランキング

楽天・amazon比較



Google検索

カスタム検索

スポンサード リンク

お気に入り・RSS

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

UMPC関連本

ブログパーツ
UMPC・ネットブック・CULVノート比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。